快適な暮らしを求めて

MENU

主婦がキャッシングするには

貸金業法が変わる前は、収入がない主婦でも申し込みをすればキャッシング融資は受けられました。キャッシング申し込み時に、夫の収入を申込用紙に夫に定職と収入がある旨を記載すれば審査を通過することができたからです。主婦のキャッシングは、貸金業法が見直された現在でも、いくつかの手続を経ることで融資は可能です。法律改正により、年収の3分の1がキャッシングの利用上限額になりました。例外として夫婦の借入額の合計が夫婦の収入を合計した金額の3分の1までという形も認められます。主婦がキャッシングを利用したい場合は、配偶者貸付という仕組みを使えばいいわけです。この仕組みを使うには、配偶者が同意していることを証明する書類や、夫婦関係にあることを示す書類が必要です。夫に内緒でキャッシングはできません。会社によっては、配偶者貸付は事前の手続が増えて処理に手間がかかることから、主婦は利用不可としている場合もあります。キャッシングができないわけではありませんが、専業主婦のキャッシングは難しいようです。融資を希望する際にすべきことは何でしょう。キャッシングに比べると手軽さや便利さはありませんが、銀行のローンを検討するのも手です。キャッシングが使えず、主婦にとっては大変かもしれませんが、そんな中でも対策を立てていくことが大事です。