痩せるメカニズム

MENU

痩せる

効率的に痩せるには、人体について把握することです。簡単に表現するならば、体内に取り入れるカロリーを減らせば痩せることが可能です。カロリー摂取量を減らせば、人間の体は体内に蓄えられている脂肪がエネルギー源です。短い日数でダイエットをする場合、こういった体のつくりを利用して行うものがほとんどです。理論通りに考えれば、食事を減らせば脂肪が代わりに消費され、痩せることができます。人体は、食事量が一時的に減った時に備えた仕組みがつくられており、リバウンドを引き起こすこともあります。一時的に痩せることができても、何度もリバウンドをしているとダイエット自体が難しくなるようです。体の機能を保つための栄養や、活動に必要なカロリーを補給しておくことは、体にとっては重要です。食事を改善して痩せるのであれば、食事メニューからは脂質と糖質を控え目にしましょう。主食に含まれている糖質は体への吸収がゆるやかで負担が少なく質のいいものですから、主食抜きのダイエットはおすすめできません。ダイエット時に警戒しなければならないのは、吸収力の高い糖である砂糖、果糖の多いお菓子や清涼飲料水です。食事の改善によって痩せるには、食事全体のカロリー量を抑えつつ、上質なたんぱく質を確保することや、脂質や脂肪を控えること、ビタミンやミネラルなどの体に必要な栄養を摂ることが大事です。